大学出ても派遣で働くしかない

大企業から零細企業への転職体験談

大企業から零細企業に転職しました。


かなりの好条件でした。

好きな分野でキャリアを生かせ、その上年収も大幅アップ、責任度合いもアップという感じの転職。


面接官には「本当にウチで良いんですか?」と、何度も聞かれました。


私はその時、小さい会社にこそ魅力を感じていたので「問題ない」と思っていました。

しかし、大企業しか知らなかった私は、やりがいばかりを重視してしまい、当たり前のことを見落としていました。


零細企業は、社員数が極端に少ないということを。


私に任された仕事量は、半端ないものでした。


フレックスタイム制、年俸制、自宅勤務も可能。

それはエンドレスに仕事ができてしまう環境でもありました。


もちろん、労働基準法に抵触しない心遣いを会社はしてくれましたが、いわゆる「過労死ライン」を超える残業時間は日常的。



体力的に限界を感じた私は、新規事業を軌道に乗せたところで休職を願い出ましたが「入社一年の社員を休職させるだけの余裕はない」との理由で、聞き入れられませんでした。


結局、わずか一年余りで退職。


大企業で歯車になっていた方がまだマシだったような気がしました。



府中市  看護師求人応募する予定ならここがおすすめ


福井市 看護師求人調べたいならコッチ


寝屋川市 看護師求人探しているならココのサイトが人気