みなさんは肝斑ってご存知ですか?
普通のシミとは違って、顔の左右対称に出来る事が特徴のシミの一種で、30代~40代の女性に多くみられる事から、女性ホルモンのバランスが崩れる事が原因といわれています。
実際、妊娠・出産を経験して肝斑ができたというお話をよく聞きます。
他にも、経口避妊薬の使用により、肝斑が発生することもあるようです。
だからといって、肝斑は女性にしか発生しないというわけではなく、男性にも発生する可能性もあります。
その場合の主な原因として、紫外線にあたり過ぎる事や過剰なストレスにより、肝斑の発症の誘因となったり、症状を悪化させたりすることもあります。
また、日本人の皮膚は肝斑が出来やすく、皮膚の色が浅黒い人ほどできやすいようです。
肝斑は一度出来てしまうと治りにくく、見た目にも年齢よりも老けて見えてしまうので、出来る前に出来る限りの予防をしたいものですね。
やはり他のシミと同じく、紫外線の予防対策はしっかりと行うことが大切です。
そして、お肌のケアだけでなく、リラックスする時間を作ったり、質の良い睡眠をしっかりとるなど、出来るだけストレスを溜めないように生活することが大切になってきます。
しかし、どんなに予防しても出来てしまった肝斑は、自己流でアンチエイジングするよりも、お医者さんにいって治療してもらう事が一番早く治るそうですよ。
もっと知りたい方はこちらも参考にしてください。⇒肝斑 原因

関連記事